先送り教育・・・出島編

出島 (宮城県)

面積
2.68 km²

海岸線長
14 km

最高標高
87.8 m

出島(いずしま)は、宮城県牡鹿郡女川町に浮かぶ島。

地理

全島が南三陸金華山国定公園に指定されている。女川町中心部から見て北東にあり、本土とは最も狭い場所で300mしか離れていない。←泳げんじゃん!

集落は、島の北部にある出島と南部の寺間のみであり、両集落の間に宮城県道217号出島線が走っている。

宮城県最大規模の貝塚群があり、その中でも出島遺跡が良く知られており、考古学ロマンあふれる島である。また島の周辺は好漁場であり、釣り客の来島が多い。
面積 - 2.68km
周囲 - 14km
人口 - 450人

気候

黒潮の影響を受けるため、本土に比べて温暖である。雪はほとんど降らない。

歴史[編集]
縄文時代に生活が営まれた跡と推定される出島遺跡が残されている。
南北朝時代に創建された薬師堂がある。
南三陸で操業する船舶の避泊地として重宝されていた。島の開発は、始め製塩業から始まったが、木を伐採しすぎたことから衰退し、漁業へと変わっていった。
寺間は、出島から分かれた村である。出島は入江に集落が形成されたため、水に恵まれず、雨水に頼らざるを得なかったのに対し、寺間は入江から沢に向かって集落が形成されていった。

交通
女川港から11kmであり、高速船「しまなぎ」で約20分。出島~寺間間12分(シーパル女川汽船により運航。便により先に入港する港が変わる。1日4便)

本土とごく近接しているため、現在、架橋を陳情しており、島内で橋建設のための調査が行われている。

生活
公的機関 - 女川町の出先機関として、出島開発総合センターがある(寺間)。
教育機関 - なし。かつては女川町立女川第四小学校、女川町立女川第二中学校あったが、震災後に閉校(両校は同じ校地・校舎に併置され、教職員用宿舎もあった。出島と寺間の中間地点の山中にあった)。
なし。震災前は、女川町立出島保育所が寺間にあった。
郵便局 - 出島簡易郵便局(出島)。震災による津波で建物が流出し、現在は業務休止中[3]。
商店 - 震災前は、寺間に1軒、出島に2軒あった。
食堂 - なし
ガソリンスタンド - なし、かつては寺間にあったが、震災による津波で建物が流出。
金融機関 - 宮城県漁業協同組合女川町支所出島出張所

民宿 - 1軒(出島)←これだコレ!

医療機関 - なし。女川町国民健康保険出島診療所(出島)があったが、震災による津波で建物が流出し、現在は閉鎖。現在は月に2度、女川町立病院の院長が、女川町保有の船舶で来航し、仮設住宅の集会場での問診を行っている。急患は漁船または学校そばの野球場から宮城県防災航空隊ヘリで急患搬送。
放送 - アナログテレビ放送については、地形の関係から直接受信に適さないが、島内に共聴施設があるため全島で良好に視聴できる。ラジオは問題なく受信できる。
電気・電話 - 完備している。海峡部での空中架線にて島内に供給。固定電話は「新出島交換所」が島内に存在する。 携帯電話 - NTTドコモFOMAプラスエリア対応機種の場合、出島は、本土側尾浦の対岸に当たるためエリア内、寺間には中継局が存在する。両地区内で使用が可能である。

水道 - 本土から海底送水しているが、老朽化が問題になっている。
し尿・ごみ - 全て本土に搬出。

観光
出島遺跡
薬師堂
永清寺(金箔の仏像「大聖歓喜双身天」がある)
四子ノ崎灯台(霧笛があった。廃止時には、北海道外唯一の霧笛だった)

名産品
メバル
ウミタナゴ
アイナメ
ツブ貝

東北太平洋地震の影響について

2011年3月11日に発生した東北太平洋沖地震により、島の住宅はほとんど倒壊し、島民25名が犠牲となった。津波の高さは20m近くあったという。住民たちは山を駆け上り、女川町立女川第四小学校、女川町立女川第二中学校へと避難した。本土との連絡手段はなかったが、島内に2台ある衛星電話のうち1台が残っていたため連絡が付き、翌日には、生き残った全島民が島外に避難することが出来た。

2港の岸壁は、地震の影響で1m近く沈下した。2011年11月現在で、島に戻ったのは100人以下である。女川港との定期船は週3日2便になり、女川町国民健康保険出島診療所は閉鎖。出島簡易郵便局や宮城県漁協女川町支所出島出張所の再開見通しも立っていない。

島の復興案について、宮城県では、出島と寺間の両集落を集約して高台に移転する案をまとめ、住民に提示した。住民は「慣れ親しんだ土地での再建をしたい」とし、集約・移転案に反発したが、最終的には災害復興住宅を建設することになり、2014年7月より入居が始まる予定である。

つーわけで、向かうわけです!いえい!

仮設住宅ぐらしでなにかと不自由を強いられている島民の方々に一日でも早く、公営住宅に移っていただきたく、

いざ、参る!いざ、稼ぐ!いざ、呑む!いざ、弾き語る!いざ、ホヤを喰らう!いざ、・・・・イエイ!

復興!出島!頑張る名取のナポリのポオリイ千葉ちゃん!


人生に果たしてナジョナ彩が・・・・いざ!こをご期待!

いざ!が多いぞ!?



暫しの別れぢゃ・・・伊達坊達者でな!
DSCF0004_edited.jpg

DSCF0017_edited.jpg

DSCF0008_edited.jpg

DSCF0007_edited.jpg

DSCF0021_edited.jpg

一歳位の伊達坊・・・やっぱ若いね!
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/06/30 08:52)

牡鹿郡女川町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

ながっ!

ぜ~~んぶ読んだヨ(もしかしてヒマ…)

人生に彩をっ

(^_^)/□☆□\(^_^)

Re: ながっ!

先程石巻の馴染みの床屋にて、出島に橋が架かることになっただ!と聞きまして、嬉しく思い、今夜は祝杯をあげるコトにしました!←習慣だろっ!
島の復興、発展に一役かうことに喜びを感じております!
思い出に残る日々になるでしょう!
余談ですが、一尺ぐらいのハゼが釣れるそうです!

はぜ〜‼︎…f^_^;
お茶っこ飲んでがい!
プロフィール

Author:ぽおりい

最新記事
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR